メインイメージ

失恋してしまったら・・・

失恋をして、気持ちが落ち込み何も手につかない。そんなときもあるかと思います。気力が出ないときは、無理して元気にならなくても良いのです。今の自分を受け止め、思い切り泣いてみることも失恋の痛手を克服するための大事なプロセスです。
泣くという行為は一種のストレス発散。涙を流すことで、徐々に気持ちをコントロールできるようになるのです。
泣くのは決してネガティブな行為ではありません。次の恋愛を楽しむための一つのステップとして捉えていきましょう。

失恋して気持ちを立て直す方法はいろいろあります。ですがどんな人にも共通して有効といえる方法があります。それが食べることがいます。
やけ食いは意味がないとバカにする人がいますがそんなことはありません。失恋には非常に有効な方法です。食べるのは何でもいいですが自分の好きな食べ物だと望ましいです。太るとかそんなことは気にせずに思いっきり食べることが大事です。我を忘れるほど食べまくります。そうしたら、気持ちがスカッとします。食べ終わったら時には悲しかったことは小さなことに思えてきます。それが失恋したら、食べまくるいう行為の魅力です。

失恋をしたならば、誰でも辛い気持ちになってしまうものです。引き裂かれるような心の痛みに、内にこもってしまいがちになるかもしれません。しかし、あまり一人でいると余計に寂しく感じて、辛くなることもあるのです。行き詰まり感を感じてしまったりした場合には、旅行に出るのが良いかもしれません。旅行に出て色々なものに出会い、日常から離れてのんびりすることができるでしょう。そうして気持ちを外に向けようとすることは、失恋の辛さを乗り越えられることもあるのです。また、外に向かうことで新しい出会いがあるかもしれませんよね。

失恋は誰でも辛いものです。何をしていても、別れた恋人の事を思い出してしまうこともあるでしょう。それは、どれだけの期間であったとしても、一緒の時間を過ごした相手であるならば、当然のことなのです。
そのままにしておくと、失恋による痛手で自分の心がすり減ってしまうでしょう。
そう言う時には、別のことをして辛い気持ちごと忘れてしまう方法もあるのです。音楽でも本でも、どんな趣味でも良いのです。自分が夢中になれるものを探しているうちに、気持ちの整理がついていることもあるのです。

Copyright© 2010 失恋のお話 All Rights Reserved.